2014年02月09日

介護施設 病院・介護現場での認知症ケア〜ユマニチュード





ユマニチュード



ってご存知だろうか?





認知症高齢者や暴力・徘徊などの周辺症状が劇的に改善されるという
新しい認知症ケアの対応法で


先日NHKのクローズアップ現代で取り上げられ
わたしもそこで初めて知りました^^;




え〜・・・
かいつまんで説明すると



フランスからの技法で


「見つめる」

「話しかける」

「触れる」

「立つ」



この4つを基本に
病人としてではなく「人」として接する



というあくまで
今まで介護の世界では謳われていた接し方がメインのものです





ただ・・・
これを知り改めて考えさせられたのが



頭では分かっているけど
行動が伴っていない事により


実際出来ていない事の方が多かったのでは?
という事





動画を観れば分かるのですが

ユマニチュードは漠然とした精神論ではなく
150からなる技法を取り入れてのケア方法で


それは介護技術だけでは補えない
具体的な技法・・・という感じです





そう感じたのはわたしだけでなく

このユマニチュードを教えてくれたのが
先日夜勤で一緒した認知棟の介護さんでしたが

彼女からもそういった感覚での話でした





「凄いの!凄いの!!!
 少しの時間で(30分〜1時間)関わっただけで

 認知症で暴言や見当識のある方でも
 それを感じさせない位穏やかになり

 きちんと返答して抵抗なくなったりしてたの〜><」




という位
TVを観た衝撃を伝えてくれました




それで
どんなもんかなぁ〜


って観たのがキッカケで・・・





一言では語り尽くせないので
とりま



ここから飛べる様に
URL貼り付けておきます


約25分位の時間ですので
お時間があり興味のある方見てみて下さい!




こちらから







posted by 紗々 at 09:04| Comment(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

介護施設 病休職員の勤務交代





東京都心で20年振りに
20cm以上の積雪・大雪警報となった今日



東京・神奈川に居る
姉一家やネットでの友の状態が心配





今日は土曜日なので
在宅介護されてる方の場合



デイケアやヘルパーさん
大変だっただろうなぁ・・・




雪に関わらず


台風・地震・大雨




天候や災害って
色々な面で人々の生活に関わっている




何もない日常に感謝しなければ><







話は変わりますが
最近インフルエンザ・ノロは介護施設ではどうでしょうか?




わたしの介護施設では
職員が結構インフルにかかってますが


有難い事に
入所者の方は皆さんお元気で


それが救いとなっています




介護職員がインフルになると
最低でも4日(解熱後2日間は感染の可能性あるので)


普通で大体1週間位お休みとなり


その間の勤務交代やら
業務の変更やらの見直しで現場はバタつきます





今週初めより
看護部でもインフルの方が出て


元々少ない人数なので
夜勤を含めた交代に追われ


いつも以上に疲れた週でした





普段気にかけないのですが
わたし達は無意識に1か月の勤務表の体調管理しています




個人的予定もさることながら
予定外の勤務変更はメッチャ体調が崩れ



仕事は普通にこなせても
その後の体調がなかなか戻りにくい><





しばらく
ダラダラとその戻りの悪さに悩まされます






そこで2次3次の病欠者が出ると
最悪のケースとなりますが


何とか持ちこたえてる





みんなの健康に感謝しつつ
週明け



施設職員

入所者の方



元気な状態を願ってます><








posted by 紗々 at 18:42| Comment(1) | 施設での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

介護施設 4月からの8%へ増税後の入所費用





暖かい日が続きましたが
今晩からまた一気に冷え込が来るようですね><






今年に入り

4月に消費税が8%に引き上げられる事についての対応
施設としての回答が出たのですが



介護報酬的には
H26年度は0.63%上げてくれる様ですが


果たしてそれで
8%へ上がる増税に対してやっていけるのだろうか?



と普通に疑問に感じました





わたしの介護施設的には


食費

住居費は据え置き



利用者の負担限度額については
入所者の所得状況等を勘案して決めていることから
見直さない



だそうです





当然介護の質やサービスは維持ですが
金額的な物に対しては
それでやっていけるんだろうか・・・




だって
食材料費自体がみんな上がるんだよ?



消耗品の物品購入にしても
全部上がるんだよ?



って
せめて食費位は上げていいんじゃないかなぁ



って素朴に感じたのですが




じ・つ・は




これには深い意味があったらしい^^;







介護施設の食費においては
介護施設費用の中で大きなウエイトを占める部分だと思いますが




以前もここで書いたことがありますが
介護施設の入所費(=介護施設費用)は



「世帯分離」


などにより


「低所得者減税」



を申請されてる方が多いのが現状で
その他にも


「生活保護」



など取り敢えず減税を申請されてるご家庭の場合




施設サイドがその方の負担を
ある割合で補って成り立ってるそうで・・・







わたしもお金に関しては専門でないので
わたしの理解しうる内容で書かせてもらうと



減額をされてない
普通に入所費用を支払って頂いてる方の支払額が
施設費用の100としたなら


減税を受けられている方の施設費用は50〜60らしく


本来なら


その差額の50〜40を市町村が補助して
施設費用が100になればいいのだが


市町村は10〜20とか
一定の枠しか施設に支払ってくれない



そうなると100に足りない
20〜40をその介護施設が補填して経営していってるらしい@@;;





ちなみに・・・

わたしの介護施設では



この減額をされてる方が約50%なのだそう@@;;;;





当然
赤字ですわな^^;





食費の場合

正規の料金を頂いてる方の分を減らす事は出来ない為
正規の方に標準を合わすと


減額されてる方の費用の足らない分
施設からの持ち出しとなる





どうりで・・・


食費


上げない訳だ・・・w





この仕組みは全国どこも同じらしく
多分老健だけでなく特養も同じではないでしょうか?





この減額申請者がここまで増える・・・



とは想定してなかった介護施設で
やたら食費を高く設定した所は現在相当な痛手となってるらしい><





うむぅ〜・・・



これは減額されてる方を責めてる訳ではありません




介護度4で約9〜10万近い施設費用が
半額近くの4〜5万になる方法あると知ったら誰でもすると思います



多分
わたしもこの話を聞く前なら確実にすると思います








でも・・・


普通に考えておかしいよね?




どうして
施設サイドが穴埋めしなきゃいけないんだろう???




どうして
税金を納めてる市町村や国がちゃんと施設に補助してくれないんだろう??



どう考えても
おかしい・・・





良心的な介護施設は
その内潰れるじゃないか?!





はぁ・・・



誰か何か対策考えて欲しいです・・・・;;

















posted by 紗々 at 21:33| Comment(0) | 施設での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

介護施設 今年のインフルエンザの特徴





いきなり



って感じで出始めましたねぇ^^;





今年のインフルエンザは


AH3亜型(香港A型)

B型



そして

「HIN1型」



この3種が同じ位の割で現在流行っている様です






この「HIN1型」っていうのが

2009年新型インフルエンザとして
2000万人が罹ったとされる型で

パンデミックとなったものです





今年はこの型も加わり
過去10年で2番目にインフル罹患者が多い年となってる様です




特にこの「HIN1型」は
今年この型がタミフルが効きにくいと言われてて


吸入型の抗ウィルス薬や点滴による治療
となってる様です





毎年
インフルが流行ってる時はノロはなりを潜めてますが


今年はインフルの勢いも強く
同時にノロも勢いが強い


という傾向なので
高齢者を扱う介護施設は十分注意していかないとです><。






予防はしつこい位聞かされてますが


「手洗い」「うがい」「マスク」



そして


「加湿」です





湿度50%あれば
インフルのウィルスは大体生き残れないので


室温を上げる工夫と



マスクで自己予防をするのも必要かな




マスクはインフルのウィルスを通してしまうので
そういった意味では効果はありませんが



人への飛沫感染を防ぐ意味で
罹った方はつけてもらいたいのと


マスクを付けると
マスク内の湿度は95〜98%位
になるので


ウィルスをすんなり自分の中に入れない・・意味で有効




と今年学んだ知識です><





とにもかくにも

ノロもインフルも
貰った人が全員罹るものではありません




自己免疫力があれば
罹りません



ヨーグルト・納豆などなど
免疫力UPする食材をこの時期なるべく多く摂り予防に努めましょう!!!












posted by 紗々 at 09:48| Comment(2) | 感染症予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

介護施設 ノロウィルス「健康保菌者」






最近「健康保菌者」


って言葉TV等媒体で良く聞かれるようになりましたよね?





「健康保菌者」




ノロでいうなら

ノロウイルスが体内に入った場合
下痢や嘔吐といった症状が出る人(発症率)は40〜70%


残り30%前後の人は
ノロウイルスが体内に入っても自覚症状が出ない



「健康保菌者」となるといわれています





ただ健康保菌者であっても
便などにノロウイルスが大量に排出されており

手洗いが不十分のままドアノブなどに触れればそこから感染が広がります





ノロウイルスは下痢等の症状がなくなっても

通常では1週間程度
長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くといわれてて

この長い期間中に
家族や職場で次々に・・・となり長引く^^;




その為

特に乳幼児を抱えてる家庭や
在宅介護されてるご家庭の場合


介護施設と同じく



「おむつ交換」



で感染する機会が多いので注意です><






ノロウイルスは

排便などにより感染する為

手洗いや消毒により 他人への感染は 飛沫感染ではないので
出勤はしても良いと考えられています




ただ注意しないといけない事に

「ノロウイルスに感染し発症するまでの潜伏期間は被感染者の体質により異なるが
 一般的には24〜48時間


と言われていますが


人によっては8〜10時間で発症される方も普通にある様です
(感受性が高い方が↑に当たるみたいです)



なので
職場や家庭で症状が出ていないから・・・


という定義が当てはまらない場合もあり


自分や周囲の状況を誤って広める・・・って事も^^;







ノロの特徴として
抗体が出来ても消えやすい・・って言われてて



シーズン中に1回かかったから
もう大丈夫だろう!


という事が無いです






とりま
普通の感染者と同じ


発症しなくても
家族・職場で流行り出したら


自分も保菌者(ノロはウィルスで菌というのはおかしいかもですが・・・)
かも知れない



という認識を持って
手洗いを徹底していく事が「広めない」「長引かせない」予防のひとつとなります







余談ですが


ノロ・保菌者どちらになったとしても
結局は対症療法しかないので

下痢が治まるまで体力維持の方策をとるしかありません




下痢の症状は3回目くらいから水様性となり
一日に20回以上下痢を繰り返しますが 2日くらいで回復します




この場合お茶や水ではなく
スポーツ飲料などで体内の電解質補給が重要!





頑張って乗り切りましょう!!!p(*^-^*)q









posted by 紗々 at 09:18| Comment(0) | ノロウィルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。